電車にも車と同じく動かし方に変化が出て来ていますね

最近は電気自動車なんかがあったりして車に電気を使う事が増えてきましたね。ハイブリッドなんかもありますから電気を使った車が身近になりました。

ところで人々の交通手段で電気を使って動いているものと言えばやはりまず1番に出てくるのは鉄道でしょう。鉄道が電気で動くようになってから既に相当な年数が経っていますし電線から電気を得て動くその姿は既にお馴染みですね。

しかしちょっとした革命が起きたのかもしれません。オーストラリアの話なのですが、なんとソーラーパネルから得た電力だけで走行する電車が運行を開始したそうです。ソーラーパネルから得た電力「のみ」で走る電車は世界初との事です。

この電車はディーゼルエンジンを元々2機積んでいたものを改造したそうで、1機をモーターへ、もう1機をそのまま非常用に残してあるそうです。

どうやって太陽光パネルから得た電気を使用するかと言いますと、蓄電池が付いているのでそこに太陽光で得た電力を溜め込んでおくそうです。そしてそれを使いながら走るそうです。ちなみに発電量が足りない場合は外部から充電もするそうです。

個人的には日本でも走らなくてもいいからそうやって充電した電力で停電時に空調を作動させて欲しいと思います。鉄道利用者が多い日本では停電は本当に酷ですから…