母に幻滅した出来事でした。

お金というのは、時に人を変えてしまう恐ろしいものだと思います。私は、このことを身を以て実感しました。

私は、里帰り出産をしたのですが、その際は仕事も退職していましたし、収入もなかったので、家にお金を入れることができなかったのです。

でも、自分の実家ですし、そんなに気を遣わなくても良いだろうと判断し、あまり気にしないようにしていました。

そして、母も私や孫とたくさんの時間を過ごすことができれば、不満に思うこともないだろうと思っていたのです。自分が母の立場だったら、そう思ったと思います。

生まれてきた息子が低体重だったこともあり、結局3ヶ月くらい実家にいました。

母には申し訳ないと思いながらも、居たいだけ居れば良いと言われたので、その言葉の通り甘えました。

しかし、里帰り出産を切り上げ、夫が待つ家に帰ることが決まった時、母は豹変しました。

私の夫からお金を貰っていないのか、嫁の実家に入れるお金を払わないのかと怒っていたのです。

私は、驚くあまり言葉も出ませんでした。

夫からはそういったお金を預かっていなかったので、そのことを伝えると、更に怒ってしまいました。

私が、同じ家族になったのだから、そんなに神経質に考えなくても良いのではないかと言いましたが、逆効果でした。

そして、夫が払えないのであれば、私が滞在していた間の光熱費や家賃、食費などを全て折半で支払うように言われたのです。

私も腹が立ったので、50万円を置いて帰りました。

お金で揉めるとロクなことになりません。母に幻滅した出来事でした。