史上最大!?被害総額580億のコインチェック事件とは?

インターネット上の仮想通貨を扱う企業「コインチェック」が580億円分の仮想通貨「NEM」の流出が起こったと発表しました。これを受けてビットコイン以外の通貨の取引を停止しました。社長は緊急会見を開いて謝罪しました。今回の事件はコインチェックのセキュリティ対策不足が原因の一つだと言われています。

利用者の中には「コマーシャルをよく見ており、セキュリティに信頼を置いていたから投資した」という人もおり、今後の仮想通貨界全体での課題となりそうです。また、コインチェックは被害にあった人全員に対して、円で全額補償を行うことを発表しました。ですが、金額が巨額すぎて、その時期についてはまだ未定とのことです。

ビットコインで仮想通貨が盛り上がってきており、これからどんどん普及していくものと思われていたのですが、一気に警戒心が生まれてしまったと思います。実際の硬貨や紙幣のものがないからこそここまで巨額の金額が盗まれたので、ある意味ネット社会を象徴する出来事だと思いました。

被害者が26万人という部分に驚きで、実は私の周りにもこのNEMに手を出していた人がおり、数日前から沈黙してしまっています。こういったものに投資する時は失うリスクを考えなければならないと思いました。