どんなに努力しても報われなかった場合

どんなに努力しても結果が伴わないことがよくあると思う。現代は厳しい世の中なので、それが連続すると本当にどうしたらいいのか分からなくなる。それを打開する方法があればいいのだが、打開作が中々見当たらないことがある。ギリギリまで追い詰められて、最後に抜け道があればいいのだが、抜け道もない場合もある。

そこまで行くと本当に絶望してしまい終わってしまう。そうならないようにどうすればいいのか頭をフル回転させて考えてみる。やるだけやればいいのだろうか。自分で諦めがつくまで…。自分だけで考えず、協力機関に相談などしてみるのもいいのかもしれない。

社会的成功をおさめるためには、大勢の人数が関わることに間違いない。一人だけで成功することなんてないのである。だから、報われなかったとき、自分の周りや、環境を見直してもいいかもしれない。適切な指導者がいたのか。とか、チームで動いてたら、自分以外のメンバーはどのような状況だったのかなどなど。

具体的にいえば敗因を徹底的に調べつくすということである。うまくいかない場合は、どこかで計画が狂っている場合が多い。最初からできレースのように勝ち負けが決まっている場合もある。そこを突き詰めていけば、どうやって自分の努力を活かすことができるのかという結論に達すると思う。