パワハラとひとくくりにされることの違和感

会社で上司や同僚、あるいはお得意先などから暴力や暴言、無視、悪い待遇などを受けるパワハラ。

今問題になり声を上げる人が多いです。

私が昔務めていた頃もこういうことは多々ありましたが、就職氷河期の頃は、雇ってもらっているんだから我慢するのが当たり前と言われていました。

でも今思い返しても理不尽なことがあったので、パワハラと言われてその理不尽なことが少しでも解消される世の中になるといいなあと思います。

ただ・・・こういうことって常にそうですが、極論になってしまう問題もあるんですよね。

何度もミスを繰り返すできの悪い部下に、ちょっときつくとがめただけでもパワハラと言われたり。

勤務時間中にダラダラおしゃべりしながら無駄な時間を過ごし、仕事が終わらないから残業を命じればパワハラだのサービス残業だの言われたり。

うーん、これは言われる方が悪いのでは?と思うようなことまでパワハラでくくるのは止めた方がいいですよね。

線引きは難しいでしょうけど。

私も、厳しく言われてハッと気づけたという機会があり、そういうときは厳しく教えてくれた上司に感謝の気持ちこそあれパワハラじゃん!なんて逆恨みの気持ちは持ちませんでしたけど。

人によっては、自分が不快に感じたらとにかくパワハラ扱いするでしょうね。

人間関係ってほんと難しいものです。