2016年の大河ドラマ「真田丸」の感想

大河ドラマ「真田丸」の感想を書きたいと思います。

このドラマは、真田昌幸(草刈正雄)、信之(大泉洋)、信繁(幸村)(堺雅人)親子の物語です。

物語の始まりは、真田家が仕えていた武田家滅亡間際から始まります。

裏切りが続き結局武田は滅びます。

ここから真田家の舵取りの難しい状況が始まりました。

しかし、当主である真田昌幸が、巧みな戦術と変わり身の速さで真田家を守っていきます。

真田の名が知られたのは、第一次上田合戦です。

兵の数で上回る徳川勢を、打ちのめし追い払います。

このことが知れ渡り、真田家は一目置かれる存在になりました。

そして真田の命運を左右した関ケ原では、犬伏の別れで昌幸と信繁は石田方に付き、信之は徳川方に付くことを決め別れます。

これは勝負がどちらに転んでも真田家が生き残れるようにしたのです。

昌幸、信繁は上田城で徳川秀忠軍を足止めして一矢報いました。

しかし、関ケ原の戦いで徳川方が勝

そのため敗軍となった昌幸、信繁に流罪となります。

その後、昌幸は亡くなり信繁は大坂の陣に参戦することになります。

あの真田幸村は信繫であり、大坂冬の陣では真田丸を築き徳川軍を翻弄します。

そして夏の陣では徳川家康を追い詰めましたが、あと一歩及ばず信繫は命を落とします。

この真田親子の戦いのドラマを見ていると、小さい力でも知恵を絞れば大きな力に立ち向かうことができると、教えてくれたように思いました。