世界卓球でたくさん感動しました。

盛り上がりましたねー世界卓球。(え?私だけ?)

連日、昼は大谷くんのいるエンゼルス、というかエンゼルスの大谷くん観戦と、夜は世界卓球で、空いてる午前中と深夜にサッカー見れるだけ見るって言う生活で、こちらはくたくたでした。

でも毎日みんなドキドキさせてくれて、本当にありがとうございます、って気持ちです。

世界卓球。

女子が、北朝鮮と韓国の合同チームに勝ったときは泣いてしまいました。

そして、終わってからのキャプテン石川選手のインタビューでまた泣いてしまいました。

試合前は、合同チームになっても別に気にしない、優勝するには結局全ての国に勝たなければならないんだから気にしない、というニュアンスの発言が多かった日本チーム。

でも、試合が終わってみると石川選手は涙声で、やっぱり日本チームには動揺があった、と。

試合前は動揺は微塵も見せていなかったのに、やっぱり動揺してたんだ、そりゃするよね、と思ったら涙が出ました。

解説の人が、大会前ならまだしも大会が始まって、いざ対戦するようになった段階で、「合同チームにする」ってそんなのおかしいですよ。普通は許されませんよ。でも、日本は認めないとか抗議をするわけではなく、いさぎよく認めたんです。立派ですよ。みんな立派です、というようなことを言われてた時も涙ぐみましたが、試合が終わって、石川選手の泣きそうな顔を見たら、いろんな重圧や理不尽さを乗り越えて勝った彼女たちに心からの拍手を送りました。

打倒中国は今回はならなかったけど、次回だねそれは。

銀メダルおめでとう。

感動をたくさん貰ったよ。ありがとう。