稀勢の里が横綱としての意地をみせられた

昨日、大相撲春場所が終わった。結果として、横綱稀勢の里が優勝しました。怪我とかいろんな事があったので、無理なんじゃないのかとか言われていた。
照ノ富士優勢と見られていたけど、最終的罰が当たったように思います。14日目の琴奨菊の一番で変化をして勝った事が個人的には駄目だったと思います。
勝負に徹するということでは正解かもしれません。でも、勝負に対する姿勢は駄目だと思います。何事もそうですが、お客さんに喜んでもらえるようにするべきだと思います。
ファンに対する姿勢とか、稀勢の里の姿勢を近くで見ていた高安関の涙はそういうことなのかなと思わされました。
だから、勝負の神様みたいなものが運という理屈では良い表せられない力を与えてくれた気がします。
来場所も楽しんで大相撲が見れるように思います。